病院で亡くなった娘のチューブを外した姿を見たい・・・父親の願いに世界中のフォトショ職人達が立ち上がる!

米オハイオ州にて2014年5月30日、肝血管腫のため6週間という短い人生を閉じたソフィア・ステフェルちゃん。

治療で生まれてからずっと病院でチューブにつながれたままだった為、父親のネイサンさんの手元に残った愛娘の写真はこの1枚だけ。

そこで、海外ネット掲示板 Reddit に

「生まれたばかりの娘が闘病の末亡くなりました。誰かこの子の写真から、チューブを外してあげてくれませんか?」

と書き込んだところ、このメッセージが世界中の多くの人々の心を動かす事となったのでした・・・

子供を亡くした親の願いが、画像加工の技術者を動かし、その作品の数々がソフィアちゃんの両親だけでなく、世界中の子供を亡くした親達の心をも癒す・・・

そんな素敵な優しさの連鎖に涙が溢れました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング