介護施設のお年寄り達が仕掛けた涙のサプライズ『大切なあなたに…』

私は介護施設で働いています。

時々おじいちゃん、おばあちゃんに、
ご家族の方よりお手紙や花束が届きます。

花束を持っていくと、皆さん集まってきます。

自分かもしれない…と。

メッセージカードが読まれて、
花束が誰宛か判明して、その人だけが喜ぶ。

後の人は、がっかりして部屋に戻ります。

ある時、大きな花束が届きました。

また、おじいちゃんおばあちゃん達が
集まってきます。

今度は誰宛だろう?

早くメッセージカードを読むようにせかされました。

私はそれを読みました。

カードには、

「大切なあなたにこの花束を贈ります」

と。

期待する皆さんの輝く顔…

そして最後の宛名を見て涙がこみ上げてきました…

それは、ここにいるおじいちゃん、
おばあちゃん達全員からの…

私への花束だった…

「大切なあなたにこの花束を贈ります。

○○さんへ

いつもありがとう
あなたの笑顔で寂しさを忘れました。」

******************

日頃のがんばりが
むくわれたり、認められたりすると、
とても幸せな気持ちになれますね。

介護職は尊い仕事と思います。
もっと明るい光をあててほしいものです。

出典:100人の1歩

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング