彼こそ日本が誇るべきアスリート!羽生選手の国旗への敬意が素晴らしいと話題に

昨年11月の右足首の負傷から完全復活を果たし、平昌冬季五輪・フィギュアスケートで66年ぶりの2連覇を飾った羽生結弦選手。

そんな彼の、国旗に対する配慮が素晴らしいと話題になっています。

それは2015年の世界フィギュアスケート国別対抗戦でのこと。

試合が終わった直後、ファンから貰ったグッズと日の丸の国旗を持っている状態でインタビューを受けます。

その時、持っていたグッズは床に置きましたが…

この映像を見た人々は…

今回の平昌冬季五輪でも記念撮影で国旗を全員が持つまで広げない、国旗に向かって敬礼するなど、羽生選手の対応が各メディアで賞賛されていますね。

日本では国旗を大切にすることを教わる機会ってなかなかないので、羽生選手のような振る舞いは常識として浸透していないのが普通かと思います。

だからこそ、これだけ話題になるのでしょう。

これをきっかけに、国旗・国歌についての教育がしっかりと根付いてほしいものです。

出典:@bladerunner1985

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング