もしも誘拐現場に遭遇したら…大人たちの対応が刺さる

誘拐は子供自身はもちろん、子供を持つ親なら誰しもが恐れる事件でしょう。

特に誘拐大国といわれるアメリカでは85%以上の被害者が子供であり、米司法省の統計によると行方不明者として報告される18歳未満の児童は年間79万7500人。

1日当たりに換算すると2185人にもなるといいます。

それでは、もしも実際に子供の誘拐現場に居合わせたら、人々はどのような反応をするのでしょうか…

多くの大人たちが子供を守ろうと奮闘しますが、中には男性の巧みな言葉に躊躇する人も…

「ゲームを買ってもらえなくて拗ねてる」

ありがちですよね(汗)

しかし、もしも子供が本当にウソついていたのだとしても、少しの時間の無駄と自分が恥をかく程度で済むでしょう。

逆に子供の言うことが真実にも関わらず、そのまま見過ごしてしまったら?

想像するだけでも背筋が凍ります。

ほんの少しの勇気で子供の命とその家族を救う事ができるのなら、躊躇せずに行動したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング