試合に負け、握手もせず走り去った選手。次の瞬間、心温まる理由に会場が沸いた!

テニスの試合でよく見かけるのが試合終了後、すぐに両者が近寄って握手やハグを交わすシーン。

しかし、コロンビアのボゴタで行われた男子テニスで、イボ・カロビッチ選手とドゥディ・セラ選手との対戦で、負けたセラ選手が、握手もせず背を向け走り去ってしまうという事態に。

呆然と立ち尽くす対戦相手のイボ・カロビッチ選手。

しかし、それには理由があったのです…

身長211cmのカロビッチ選手に対し、身長175cmのセラ選手。

36cmもの身長差を埋めるために練っていた対策は、どうやら戦い方だけではなかったようです^^

試合は負けてしまいましたが、スポーツマンの粋を感じますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング