「ゲームに飽きるのではない」プロゲーマー梅原大吾が飽きの本質について語った言葉が刺さる

日本だけでなくDaigoやThe Beastというニックネームで海外でも広く知られているプロゲーマーの梅原大吾さん。

そんな彼の公演が2017年1月19日、慶應丸の内シティキャンパスにて行われました。

演説の中でゲームセンターでのエピソードから、人間の成長について語られた言葉が大きな反響を呼んでいます。

(知人が)ゲームに飽きたって言うんですけど、これ違うんですよ。

ゲームに飽きたのではなく、成長しないことに飽きたんですよ。

昨日と今日でやっていることが一緒。

だからゲームがつまらないっていうことにしているんだけど、問題なのは成長していない自分。

成長が実感できていれば、ゲームだろうが何だろうが飽きるってことはない。

人間が前向きに努力を続ける上で、成長さえ実感することができれば人間は飽きない。

飽きないから前向きに努力する。

僕はこれの繰り返しなんですね、格闘技ゲームに関しては。

この言葉に多くの反響が寄せられました。

フルバージョンも掲載致しますので興味ある方はぜひご覧になってみて下さい。
▼2時間という長時間の講演にも関わらず、最後まで飽きさせることなく引き込ませる語りにもご注目!

自分を飽きさせないためにはどうすればいいのか?

自分の心に従って追求していくことが、楽しみながら自然と自身を成長に向かわせる事になるのかもしれませんね。

ゲームだけでなく、ビジネスやスポーツなどあらゆる事に当てはまるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング