「最初のケンカをするまで開けないで」9年前に贈られた結婚祝いの中身とは…

アメリカ・ミシガン州に住むキャシー・ガンさんと夫のブランドさんは、とっても仲の良い夫婦。

ある日、二人は知人が結婚式を挙げるという事でワインを飲みながらお祝いを何にするか考えていました。

その時、ふと自分たちが結婚祝いとして大叔母からもらった、「白い箱」のことを思い出したのです。

そこに添えられていた封筒には、「最初の喧嘩をするまで開けてはいけません」と書かれていました。

二人はこの箱を、結婚してから9年間一度も開けることはありませんでした。

もちろんその長い歳月の間、全く喧嘩をしなかったわけではありません。

いくら激しく喧嘩をしても二人が箱に手をかけなかった理由、それは

「これを開けることは、結婚生活が修復不可能になったことを意味する」

と、お互いに思っていたから。

しかし、もはや長きに渡り共に過ごし、確かな信頼を積み重ねてきた二人にもうそんな恐れはありません。

二人は話し合い、ずっとクローゼットにしまっていたその箱を開けてみる事にしました。

そこに入っていたものは…

ワイングラス、花瓶、入浴剤。

そして、キャシーさんとブランドさん、それぞれへの手書きのメッセージに包まれた現金でした。

 

妻、キャシーさんへのメッセージは…

「これでピザとエビ、それか二人の好きな食べ物を買って、お風呂の用意をしなさい」

 

そして夫、ブランドンさんへのメッセージは…

「これで、花とワインを買いなさい」

二人はこの箱について、このように語っています。

「この箱は、実は中身はなんでもよくて、喧嘩が起きてしまった時に、状況を考え直すために与えられたものだったのではないかと思います。

今は、本当に箱を開けるべき時なんだろうか? これは私たちにとって乗り越えられない喧嘩だろうか?

もしこのあとに、もっとひどい喧嘩をしたとしたら? その時はどうしたらいいのだろう? その時この箱が無かったら、私たちはどうやって立ち直ることができるのだろうか。

この9年間、そんな思いに何度も助けられました。」

品物自体はごく普通の結婚祝いに使われるようなものばかり。

しかし、そこに添えられていたのは長年の結婚生活を経験した先輩からの知恵だったのです。

そしてキャシーさんは、自身の投稿をこんな言葉で締めくくっています。

「お祝いの箱は、私たちに気付かせてくれました。

強く健全な結婚生活の作り方と、それを維持するツールは、箱の中ではなく、私たち自身の中にあったのです」

この箱をずっと開けることなく夫婦生活を送ってきた二人。

そしてここまでの道のりをずっと見守り、支えてくれていたのはこの結婚祝いだったんですね。

大叔母さまの粋な計らい、素晴らしいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング