駅を歩いていたら「うるさいよ!」と怒鳴られた…視覚障害者が白杖で音を出す理由を知っていますか?

白杖で床を叩きながら歩く理由を知ってますか?

ある日の新聞に掲載された、その行為に関する悲しい出来事を綴った記事が話題になっています。

「うるさいよ!」。8月、埼玉県のJR駅コンコースで年配男性が、白状で点字ブロックをたたきながら歩く40代くらいの女性を怒鳴りつけた。

女性は体を震わせ「すみません」と謝り、杖で点字ブロックをなでるように歩き出した。

障害者リハビリ施設に勤める妻によれば「視覚に障害を持つ人は周りに自分の存在を知ってもらうため、白状で点字ブロックをたたいて音を出している」とのこと。

白杖、点字ブロックの意味や杖で音を出す理由などを説明したポスターを張ったり、パンフレットを配ったりしてはどうか。

CMや新聞、雑誌で紹介してもらえば周知の輪はなお広がる。費用がかかるので政府・行政にも力添えを願いたい。一日も早く、白杖を持つ人が気兼ねなく外出できる国になるよう切望する。

「視覚に障害を持つ人は周りに自分の存在を知ってもらうため、白杖で点字ブロックをたたいて音を出している」

このことが周知されてこなかったことにも問題があるように思います。

このように悲しむ方が増えないように、健常者の方の理解が広がってほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング