「買う?買わない?」98歳のおばあさんが書いた文章がとても素晴らしい!

朝日新聞の「ひととき」に投稿された、98歳のおばあさんの素敵な文章を紹介します!

若い頃は大好きだったデパート巡りも、90代になってからは、買う物や欲しい物もなくなり、とんとしなくなった。

ある日、よんどころない用事ができて、福岡・天神のデパートに1人で出かけた。

久しぶりのデパートは華やかで、自分がお上りさんに思える。

早々に用事を済ませ、せっかく来たのだから目の保養にと店内を回っていたら、すてきな洋服が目についた。

しばらく眺めていると店員に「試着してご覧になりませんか」と言われ、こんなチャンスはめったにないと、試着室に入った。

着替えて姿見に映った私は、ドレスアップのせいか少々美人に見える。

私の心がささやいた。

「思い切って買いなさいよ。少々高価だけど、今日まで50年前のブラウスや、もらったセーターなどを着ていたんだもの、奮発したら」

もう1人の私が今度はささやく。

「買っても着る晴れの場所があるの? 残念ながら彼岸が近いのよ。形見に残してもありがたがる子もいないし、宝の持ち腐れになるだけよ」。

なるほどね。

結局どちらにしたのでしょう。

ふふふふ、ご想像にお任せしましょう。

(福岡県筑紫野市 後藤俊子 無職 98歳)

********************

98歳のおばあさんが書いた文章とは思えませんね…。

構成も上手く、ユーモアのある文章なので読みやすいです。

それにこのお歳で、デパートに出かける体力があるとは凄い!

出典:@kusaudon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング