天皇、皇后両陛下が雨の日に必ず『透明なビニール傘』をお使いになられる理由

どんな時でも人々へのお心遣いを絶やさない天皇・皇后両陛下。

その優しいお心は「傘」にも現れています。

2013年7月、天皇皇后両陛下は東日本大震災の復興状況を視察に、岩手県を訪れました。

大船渡市(おおふなとし)の工場をご視察なさったとき、あいにくの雨。

宮内庁の職員が大きな黒い傘を差し出しましたが受け取らず、透明なビニール傘をお使いになったのです。

その理由とは…

「出迎えてくれた人々に、顔がよく見えるように」というご配慮だったんですね。

もちろん私たちが普段使っているようなビニール傘ではありません。

両陛下の傘が折れてしまうなど、縁起でもないことが起こってしまわないように改良を施し、そういった事故を防ぐ工夫が成されたビニール傘なのです。

ガラスを繊維状にしたグラスファイバーを骨の部分に使い、ビニールも3枚重ねられています。

さらに、その骨には小さな穴が開いています。

そこから風が吹き抜ける仕組みによって、傘にかかる負担を少なくしているのだそう。

両陛下の細やかなご配慮は、こんなところにも現れていたんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング