この日だけ戦いをやめ、握手を交わす兵士達。第一次大戦のX’masに起こった実話を元に作られたCMが感動的

爆音が轟く過酷な戦場で戦いを続ける軍の兵士達。

白い雪が降るクリスマスイブの戦場に
どこからともなく「Silent Night」が流れ、
皆歌い出します。

 

そして翌日、互いの兵士達は両手を挙げ
恐る恐る近づき握手を交わします。

 

この日だけは戦いをやめ、
サッカーやプレゼント交換など、
それぞれ思い思いに楽しみます。

 

しかし、戦争はいつまでも
待ってはくれませんでした。

再び響き渡る爆音と共に
両軍の兵士達は再会を約束し、
それぞれの陣地に戻った時、

ある兵士のコートのポケットには
クリスマスのプレゼントとして、
相手の兵士がそっと入れたチョコレートが・・・

戦争に参加している兵士達も
決して好んで戦っているのではないのです。

敵同士でも、X’masという特別な日には
優しい気持ちを分け合おうという
コンセプトが素敵ですね。

同時に戦争というものが
いかに悲惨な出来事であるかも
感じさせてくれる映像です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング