ダメな子と烙印を押された犬を迎え入れた夫婦。新しい家族との絆が感動的…

米ワシントン州シアトル郊外に住む写真家のティリー・ゴーブルさん。

彼女は愛する夫との間に子どもができたことが判明し、生まれてくるわが子の為に親友となってもらう犬を探していました。

様々な里親募集の広告。

その中で目に飛び込んできた1匹の犬。

名前は「アビー」。

一目ぼれだった。

すぐさまアビーを保護している団体に連絡を取りましたが、こう忠告されました。

「アビーは問題児なので、世話に苦労すると思います。
特に小さな子どものいる家庭にはふさわしくありません。」

聞くところによると、アビーはとても落ち着きがなく、特に男性を恐れるとの事。

しかし、アビーに心惹かれていたティリーさん。

話だけではわからない、実際に会ってみたいと、夫と共に車で700キロもの道のりを走り、アビーに会いに行きました。

道中、やはりアビーを引き取るのは無理なのか?と、不安にかられていたティリーさん。

しかし、実際にアビーと対面し、その不安は吹き飛びました。

男性を怖がって大声で吠えると言われていたアビーが、なんと、ティリーさんの夫に近づき、彼の膝に頭をこすりつけてきたのです。

これはきっと運命だ・・・

そう感じたティリーさんは、アビーを引き取ることを決意しました。

しかし、いざ引き取ってみると、やはり様々な問題行動を起こすアビー。

アビーはティリーさんに対する独占欲が強く、彼女の夫に対して攻撃的になりました。

しかし、夫婦はアビーの男性に対する恐怖心を無くそうと、優しく、そして時には厳しく、精一杯の愛情を注いで接しました。

そして、夫婦の間にはついに息子が生まれました。

そしてこの瞬間、アビーは生まれ変わったように息子の最大の保護者となったのです。

最愛の守るべき存在ができたアビーは、もうティリーさんの夫に攻撃的になる事はなくなりました。

息子から決して離れず、ひたすらそばに寄り添い、つねに気を配るアビー。

息子にとってもアビーは生まれた時からいつも一緒に寄り添う大の親友。

そこに生まれたのはゆるぎない信頼関係でした。

そんなある日、アビーの首にしこりが出来ているのを発見。

すぐに動物病院に連れて行き、診てもらうと悪性のがんであることが判明。

獣医からは早急にがんを取り除く手術を行う必要があると告げられました。

手術は成功したものの、アビーの首には大きな切り込みが入っていました。

手術で体力を消耗し、ぐったりするアビー。

すると、今度は生後6か月の息子に異変が起こりました。

なんと息子は、アビーにつきっきりで面倒を見るようになったのです。

ティリーさんは、

「アビーはとても感受性の強い子で、人の気持ちを共有する能力にたけています。

それ故にこれまでトラブルを起こしてきたのでしょう。

でも、アビーは抱きしめるととても幸せそうな顔をします。

寄り添うととてもうれしそうだし、悲しいときには一緒に悲しんでくれるんです。

アビーには、本当にいろいろなことを教わりました。」

と、語っています。

アビーは徐々に回復し、今ではすっかり元気になったそうです。

アビーはいつだって息子の味方なのです。

アビーは4歳、息子は2歳。

アビーと息子はこれからもずっと親友として一緒に過ごすこととなるでしょう。

そしてティリーさんは、アビーを娘として持つことができたことが何よりも嬉しいのだそうです。

問題行動を起こす犬でも生きる目的、自分の役割を与えられる事でこんなにも生まれ変わる事ができるんですね!

問題行動を起こすのには必ず原因があるはず。

精一杯の愛情を持って優しく接し、ダメなことはきちんと叱る。

その原因を見極めて、愛情を注げばきっと家族としてなくてはならない存在となることでしょう。

このふたりが末永く一緒でいられますように・・・

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング