障がい者が列に横入り?みんなに知ってほしいディズニーランドのある機能とは

普段からたくさんの来場があるディズニーランド、人気のアトラクションは常に長蛇の列で、何時間も待たなければならない事もしばしば。

そんな中、障がい者の方々がカードを使って列の中に入る、という光景を見たことはありませんか?

一見待ち時間なしで楽しんでいるように思えるこの光景、実はこのようになっていたのです!

自身も障がい者であるというTwitterユーザーのゆきこさん(@dmikidafumm17)が、明かしてくれました。

障がい者の方がもらえるという「ゲストアシスタントカード」とは、長時間並べない方が別の場所で待つことができる、という機能を備えているもの。

決して優先的にアトラクションに乗るためのものではないということを、このツイートでは訴えています。

東京ディズニーランドの「ゲストアシスタントカード」利用方法について記載のあるページでも、以下のように書かれています。

列に長時間並ぶことが困難な方は、待ち時間のあいだ、列の中ではなく別の場所で待機することができます。なお、ご利用いただくまでの待ち時間は、列に並んでいる時間とみなします。その間に他の対象施設をご利用いただくことはできません。
引用:tokyodisneyresort.jp

Twitterユーザーの反応は…

ディズニーランドだけでなく、ユニバーサルシティでも同じ仕組みを取り入れているのだそう。

家族や友人同士で過ごすテーマパークはとても楽しいひと時。

みんなが同じように楽しめる場所であってほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング