1%の可能性を貫いた一人のサッカー少年が、「キング」と呼ばれるまでの軌跡

一人の少年が進路希望欄に書いたのは、「ブラジル」だった。

ブラジルで、プロサッカー選手になることが少年の夢だった。

担任の先生は、激怒して職員室から追い出した。

サッカー部の先生には、「99%無理」と言われた。

少年は、「1%あるんですね?なら、僕はその1%にかけます。」と答えた。

少年は、15歳でブラジルに旅立った。

ブラジルのユースチームで、こんなことがあった。

少年がサッカーの格好をしているだけで、周りの人間は彼を笑った。

サッカーが下手くそなのは、代名詞のように「日本人」だと言われた。

だが、その少年は死に物狂いに練習を重ね、18歳でプロ契約を勝ち取った。

そして、ブラジルNo.1のサッカー雑誌の表示を飾った。

そして、青年は日本に帰国することを決意した。

次なる夢は、日本をワールドカップに連れて行くこと。

93年に開幕したJリーグ。

青年は、時代の寵児となった。

Jリーグの初代MVPは、青年の名前が刻まれた。

彼は、こう思っていた。

思い切りサッカーをして、30歳過ぎたら頂点で引退しようと。

94年のアメリカ・ワールドカップ予選、エースとして参加した青年だったが、ドーハの悲劇と呼ばれる、ロスタイムの失点で、日本の初出場を逃した。

青年はその後、ワールドカップに行くための何かを掴むため、日本人で初めて、セリエAに移籍した。

そして、98年のフランス・ワールドカップ予選。

苦しみながら日本は、ワールドカップの出場を決めた。

気がつくと、彼は31歳になっていた。

彼のワールドカップ予選の総得点は、27になった。

だが、ワールドカップ本選の代表に、彼の名前は記されていなかった。

記者会見で、こう話した。

「日本代表としての誇りは、向こう(フランス)に置いてきた。」

その年、チームから戦力外通告を受けた。

彼は、一人考えた。

「誰も、自分の知らないところへ行きたい。」

そして、彼はクロアチアに行くことを決めた。

練習初日、彼の眼に一人の選手が映った。

その動きを見て、「売り出し中の若手かな?」と思った。

しかし、その選手は大ベテランの選手だった。

彼の名は、ゴラン・ユーリッチ。

クロアチアを代表する、名DFだ。

自分より年上の選手が、誰よりも懸命に、誰よりも誇らしくプレーしていた。

こんな質問をしてみた。

「どうして、そこまでやれるのか?」

ゴランは言った。

「サッカー選手とは、年齢に関係なく、常に成長するものだ。低落など存在しない。」

彼は思った。

「どこまでも、走り続けよう。」

2010年、彼はJリーグの最年長出場記録と最年長得点記録を更新した。

ブラジル、日本、クロアチア、オーストラリア。

様々な国でプレーし続け、夢を与え続ける彼に、日本人は尊敬を込めて、彼を「KING」と呼んだ。

彼の名前は、三浦知良。

日本サッカーのパイオニアの名だ。

ある雑誌の企画で、ゴラン・ユーリッチから三浦知良に手紙が届けられた。

その中で、ゴランは、三浦知良に1番言いたかったことがあったという。

「日本のマスコミほどには、カズがフランスW杯に行かなかった理由を知らないけれど、その事実は聞いていた。

カズは「監督に呼ばれなかっただけだ」と言っていたけど、その取り乱さない、事態を真摯に受け入れる姿勢に感動したよ。

日本のW杯進出に大きく貢献したのはカズだっていうのに、それでもカズは、派手に抗議することもなかったんだよな。

男だよ。

それでこそ偉大なプレイヤーってもんだ。

ところでカズと俺はその後再びノゴメット(サッカー)のおかげで再会することになる。

今度はJリーグ。

俺は横浜F・マリノス、カズは京都にいたんだよな。

アウェーの京都戦では3-1で勝ったけど、1点を決めたのはカズだった。

カズ、これだけは言わせてくれ。

俺は日本に行ってはじめて、カズという名前が何を意味するのか、カズとはいったい何者なのかがわかったんだ。」

**************************

わずかでも可能性があるなら躊躇なく夢に向かっていく勇気、そしてそれに賭ける強い想い。

色々誤解される事も多いですが、1%の可能性を現実にした底力、そして日本のサッカー発展の為に大いに活躍した功績は、やはりキングという名にふさわしいのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング