悲痛な叫びに心が痛む…虐待を受けてきた犬が生まれて初めて愛情を受けた瞬間

ルーマニアのブレアスタ-クラヨバにある保護施設にて。

2015年11月11日、幼少期から一切の愛情を受けることなく、虐待されてきた小型犬が保護されました。

そっと近寄り撫でる職員の女性。

しかし、人間の手が触れることで虐待の恐怖を呼び覚ましてしまいます。

恐怖でガチガチになり、悲痛な叫びを上げる姿に心が痛みます。

今までどんな酷い仕打ちを受けてきたのでしょうか。

この犬が、再び人間に心を開く時はやってくるのでしょうか…
※閲覧の際は音量にご注意ください。

この後、プリシラと名付けらたこの犬。

ずっと虐待されてきた為、「愛情」を受けたときにどうすればよいのか知らなかったプリシラ。

子供の頃から虐待を受けることで人間を受け入れづらくなり、里親が現れることもなく悲しい最後を迎える子も多いことでしょう。

愛情を持って根気よく接することで再び心を開いてくれたプリシラ。

嬉しそうにじゃれて尻尾を振る姿に涙が止まりません…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング