バス停に座り込む女子高生達にぶつかった老人。次の瞬間彼女達が凍りついた理由とは

周囲に、中学校や高校が多く点在する区域。

住宅街も多く幅広い年齢層の利用者が多いバス停でした。

このバス停は、夕方になると必ずと言っていい程近くの中高生で溢れ返ります。

多い時間帯は、バス停が人気繁盛店の様に行列を作っている事もしばしば…

そんないつもと変わらないバス停で起きたちょっとした出来事。

私は、この近くの専門学校に通っているためこのバス停を毎日利用していました。

ただ憂鬱なのは夕方の帰宅時刻にバス停に行くと必ずそこを”占拠”している集団がいたのです。

それは、近所の高校に通っている女子高生の集団。

その日もいつも通り5人の女子高生がバス停前の地べたやベンチに座り込み荷物を広いスペースを使って置きお菓子を食べ大きな声で話す始末。

バス停に並んでいる誰もが出来ればベンチに座りたい気持ちがあるのに彼女達が完全にその周囲を占拠しているせいで誰も近寄れません。

やはり、女子高生と言えど恐いものです。

そんな時でした…

一人の腰が曲がったおばあちゃんがベンチの空いたスペースに座ろうと女子高生の間を通り抜けようとして、杖が一人の女子高生の腰に「ガン」と当たってしまったのです。

すぐさま女子高生が「イッてー!」と言い振り向くと、そのおばあちゃんの前にサッと割って入って来たある人物が…

その男性は、見るからにガラの悪そうなおじさん。

体格がいいのは勿論ですが、何よりその風貌はまさにチンピラ風でした…

バス停に居合わせた誰もが、光景を見ていた皆が「これは大変な事になる…」

そう思った瞬間…

文句を言いたそうに振り向いた女子高生を”ギロッ”と鋭い目つきで睨みつけこう話し続けました。

「悪いな、今蹴っ飛ばしたん俺や。
 
おう、お前ら。

人に文句言う前にそこ、どかんかい。

それとも何や、人様の邪魔になるかならんかの区別もつかん程お前らのゆとり教育ってやつか?

ええか、ここは皆が平等に使う場所や。

立て。」
 
 
野太い声と鋭い目つきで見下ろしながら、女子高生達にそう強い口調で促す男性。

女子高生達はまるで凍り付いた様に怯え、目が点になっていましたが「立て」の男性の言葉にすぐそこから立ち上がりあまりの恐さにバス停から去って行きました。
 
 
その一部始終を見ていた私達でさえも恐かったこの男性ですがさらに驚いたのはこの後。

女子高生が去った後に並んでいた他の利用客に向かって
 
 
「皆さん、お騒がせして申し訳ありません。

不快な思いをさせてしまったかもしれませんがこんなやり方しか出来ないもので、大目に見て下さい…」

一瞬時が止まり、他の利用客は呆然としていましたが、次の瞬間その強面男性に拍手が起きたのは言うまでもありません。

********************

昔に比べて物事の善悪を教えてくれる大人が少なくなったような気がします。

やり方は無骨であってもこういう人の存在って今の時代、貴重ですね!

一喝したあとの謙虚な態度がまたかっこよすぎです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング