日本での引退を迎えた南武線『ナハ39』。車掌の最後のアナウンスに感動と涙…

神奈川県の川崎駅と東京都の立川駅を結ぶ、JR東日本の南武線。

その中の車両『205系ナハ39』が、12月6日に日本での運転を終えました。

引退に向けて車内でのアナウンスは…

そして迎えた12月6日、引退当日。

最後の走りを見せる『205系ナハ39』の車内で流れたアナウンスは、多くの乗客の涙を誘いました。

ファンや乗客からは、たくさんのメッセージが…

飾られている子どもたちの絵も、そのままインドネシアに納車されるそうです。

▼ラストランの後、多くのファンに見守られながら入庫される『205系ナハ39』

温かい声援に見送られながら走り去る姿に再び涙が…

多くの人々に愛されていたんですね。

日本での約30年間の運行、お疲れ様でした。

そしてぜひ、現地でも大活躍してくれることを願っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング