本人達も感涙!式典でアメリカの実力派バンドがカバーした名曲「天国への階段」が素晴らしい!!

イギリスの伝説的ロックバンド、レッド・ツェッペリンの名曲
「天国への階段(Stairway to Heaven)」

曲を作ったジミー・ペイジやロバート・プラントらにとっても
思い入れの深い曲であるはず。

そんな名曲を、アメリカの実力派バンドである「ハート」が
カバーした映像が世界中で多くの感動を集めています。

優れたアーティストに贈られるケネディ・センター名誉賞。

2012年にレッド・ツェッペリンも受賞し、
メンバー達は式典に参加していました。

そして本人達が見守る中、その演奏は始まります・・・

「ハート」メンバーの中心である
ギターのナンシー・ウィルソンさんと、
ボーカルのアン・ウィルソンさん。

実の姉妹であるこの二人によって
「天国の階段」の世界が出来上がっていきます。

曲が進むにつれ、アンサンブルの数が増え、
最後にはバイオリンとコーラスまで現れて圧巻の演奏に!

しかもドラムを叩いているのはツェッペリンのドラマー
故ジョンボーナムの息子、ジェイソン!

この圧倒的なパフォーマンスを前にして、
レッド・ツェッペリンのボーカル、
ロバート・プラントの目から涙が…

楽曲自体の素晴らしさとハートの実力、
そして様々な人達の思い入れによって仕上がった圧巻の演奏。

本人も涙してしまうほどの最高のパフォーマンス。

こんな風に歌い継がれていく名曲って素晴らしい!

最後に、本家のライブもぜひご覧下さい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング