亡き妻との約束を30年以上も守り続ける老人の姿に涙が止まらない・・・

86歳のチウおじいさんはもう30年以上、毎朝スープを作って水筒に入れ、琴を背負って20キロ以上の道のりを歩き、同じ場所へと向かう・・・

そんな生活を続けています。

毎日おじいさんが向かう先、それは死別した妻のお墓がある丘。

ここはかつて2人でよく時を過ごしていた思い出の場所なのです。

若い頃のおじいさんは、ここで妻が大好きな音楽をよく演奏して聞かせてあげていました。

そして約束したのです。

あなたの好きな曲を一生聞かせ続けると…

しかし、妻は先に亡くなってしまいました。

それでもおじいさんは長い道のりを毎日歩き、お墓の前で妻が大好きだった曲を奏でます。

一緒に過ごしたあの頃に思いを馳せながら・・・

自分は今、大切な人を十分に思いやる事ができているか・・・?

改めて考えさせられますね。

90分ほどの動画ですが、最後の場面は感動で涙が止まりませんでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング