愛する人の隣で生きていく事が幸せ・・・記憶を無くした夫への変わらない愛情に涙が止まらない

今日、旦那の両親から離婚届を渡されました。

「貴女には幸せになって欲しいから。」って。

私の旦那さん、若年性アルツハイマーという病気で、
施設に入ってるんです。

勿論、私は離婚する気はないので、丁重にお断りしました。

私の幸せは、旦那の隣で生きていく事。

離婚なんて有り得ない。

記憶がなくなってしまい、ただでさえ孤独な旦那を、
離婚してさらに独りにしちゃうなんて、私には出来ない。

もう、旦那の記憶には私も、私との思い出もない。

でも、思い出話をしてあげると、何も言わずに、
凄い穏やかな顔で微笑んで聞いてくれる。

話し終わると
「素晴らしいお話をありがとう。」
って言ってくる。

その素晴らしい思い出を作ってくれたのは紛れもなく、
あなたなんですよ。

次は私の番です。

あなたの記憶は日々消えていき、残りませんが、
1日1日あなたと過ごす時間を、
あなたに素晴らしいと思ってもえるようにするから。

記憶がなくても、あなたはあなた。

ずっと愛してますよ。

***************************

記憶を無くしてもこんな風に愛せるって素敵ですね。

誰だかわからなくなってしまっても、
その深い愛情は必ず伝わるはず・・・

二人が少しでも長く一緒にいられますように・・・

出典:感動の実話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング