泣ける・・・あるサラリーマンの10年間をずっと見守り続けていた存在とは?

あるサラリーマン男性の10年間。

嬉しい日も辛い日もずっと見守り続けてくれていた存在。

そして、定年を迎えたその日、いよいよ別れの時がやってきます。

「お疲れ様」

「ありがとう」

その正体が明かされる瞬間、あなたはきっと涙するはず・・・

どんな時もずっと見守り、照らし続けてくれていた存在。

人や生き物ではないのになぜこんなにも
感動の涙が溢れるのでしょうか・・・?

海外の感動CMがもてはやされていますが、
日本にもこんなにいいCMがあったんですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング