涙の感動作!ファンが描いたドラえもん最終回のクォリティーが高いと話題に!!

藤子・F・不二雄の代表作である『ドラえもん』。

もはや日本人なら知らない人はいない国民的アニメですね。

このドラえもん最終回『タイム・パラドックス』は、
原作者の藤子・F・不二雄が描いたのではなく、
なんとファンが描いた同人誌漫画なのです。

元々はコミケで売られていた同人誌だったのですが、
そのあまりのクォリティーの高さにネット上などで人気が出てしまった為、
藤子プロに販売を差し止められて市場から消えたという話題作でもあります。

ユーチューブでもアップされては削除のイタチごっこが続いているそうです。

話題通りのとても良い作品ですので
まだ見た事がない方はぜひご覧になってみて下さい!

ファンが描いたものとは思えないですね。

何度見ても泣けてしまいます・・・

実際、これが本当の最終回だと思っている人も多いようです。

あまりの出来の良さに訴訟沙汰になるのも納得ですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング