愛嬌あるドカベン香川さんが、まぎれもないプロの一面を見せた出来事

ドカベンの愛称で親しまれた
元ダイエー(現ソフトバンク)の香川伸行さん、

昨年の9月に52歳の若さで亡くなられました。

現役時代は、100キロを超す巨体が何とも愛嬌があって、
打って愛され、走って愛され、観客を温かくさせる選手でした。

その香川さん、引退後のあるテレビ番組でのお話しです。

横浜で少年野球の子供たちと、
現役を引退して数年以内の元プロ野球選手との
チャレンジマッチが、あるテレビ企画で実現しました。

しかし実力差を考慮して元プロは
投手一人、野手一人、一塁手一人、外野手一人の計四人。

四人対九人のハンディキャップマッチとなりました。

レポーターが少年チーム側のピッチャーに質問しました。

「抑えられる自信のある選手はいる?」

テレビ用に謙虚な顔を作っていた少年でしたが、

ちょっとニカッと笑って「香川さんなら…」。

少年も小学生ながら120kmを越える速球を持ち、
コントロールにも自信があったのです。

テレビの映し出す先には、ダイエー引退後、
数年たった香川さんの姿がありました。

間違いなく引退後、体を動かしていないであろうその肉体は、
推定体重140キロはあるのではと思わせる様相でした。

横にムキムキの高橋慶彦さんが立っていたこともあり、
その落差は見た目にも大きい感じでした。

いざ試合が始まりました。

少年は香川さんに渾身の一球を投げました

少年が投げた渾身の一球。

「カキン」

簡単に左中間を抜ける打球。

「うっ」少年は思わず呻き声をあげました。

4人しかいないので、すぐにまた香川さんの打席となりました。

今度は慎重に少年は球を放りました。

「カコン」

簡単に今度は右中間にはじき返されました。

「そ、そんな」

幾度も回る香川さんの打席。

しかしボール球には絶対手を出さないくせに、
ストライクゾーンに放った投球は全て長打にされます。

全く容赦なく香川さんは長打を放ちまくり、
走る度にゼイゼイ体を震わせます。

だがどんなに息を切らしても、
香川さんのバットはボールを的確に捉えたのです。

少年はプロ野球選手の凄みを肌で知り、顔面が蒼ざめました。

そして悠々と香川さんはグラウンドを去っていきました。

コロコロと愛嬌のある風体であろうと、
やはり(元)プロなりの技量を見せつけた香川さん。

野球を心より愛するからこそ、野球少年に対しても手を抜かず、
笑いに終わらせず、真剣勝負で相対したのです。

******************************

決して手を抜かず、少年の勝負に全力で答えた香川さん。

子供目線でなく、大人として向き合う事で
その少年の立ち位置を教えたのかもしれませんね。

少年も、この貴重な経験を活かして
将来は立派な野球選手になって欲しいものです。

出典:amijuku.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング