幼い頃に父親を亡くした少女。赤いランドセルが欲しくて天国のお父さん宛にハガキを出したら・・・

幼くして父親を亡くした女の子が、
小学校に入学するころのことでした。

周りの子はみんな、親から買ってもらった
赤いランドセルを背負って通学していました。

しかし、その子の家庭は幼くして父親を亡くし母子家庭でしたから、
ランドセルを買ってもらえるほどの余裕がなかったそうです。

もちろん、家に余裕の無いことがわかっていたその子は、
ランドセルがほしくても母親にねだることはできません。

子どもながらに、それはお母さんを
困らせてしまうことだとわかっていたからです。

でも、毎日友達と通学していると、どうしても自分も
あの赤いランドセルがほしくてほしくてたまらなくなります。

通学路にあるお店のショーウィンドーに飾ってある、
新品でピカピカの赤いランドセルをいつも眺めていたそうです。

そんなある時、彼女は考えました。

「お母さんに迷惑をかけるわけには行かない。

でも、私もあの赤いランドセルがほしい……。

そうだ、お父さんにお願いしてみよう!! 

きっとお父さんなら私の願いを叶えてくれるにちがいない!!」

そう思った彼女は、天国にいるお父さんに手紙を書くことにしました。

まだ、習いたてのひらがなで、
一生懸命にお父さん宛にハガキをかきました。

「てんごくの おとうさんへわたしは、
ことししょうがくせいになりました。

べんきょうもがんばっています。

いっぱいがんばって、おかあさんをたすけようとおもいます。

だから、おとうさんにおねがいがあります。

わたしに、あかいランドセルをください。

いっぱい、いっぱい、べんきょうして、がんばるから。

いいこにしているから。

おねがいします 」

もちろん、天国へのハガキです。

宛名は“天国のお父さんへ”と書いてポストに投函したそうです。

そのハガキを集配し、郵便局の職員の方がそのハガキを見つけます。

宛名は天国……。

ハガキの表には、幼い彼女が一生懸命に書いたあの文章……。

いつものように差出人不明で送り返すわけにも行かず、
このハガキを手に取った職員がどうしたらいいんだろうと
仲間の職員の方に相談したそうです。

「ねぇ、見て、このハガキ……。

どうしたらいいだろうかぁ……。

送り返すにはあまりにも残酷だよね」

「う~ん……。そしたら、
僕たちがこの子の天国のお父さんになろうよ」

「えっ、どうやって」

「仲間みんなにお願いしてさぁ、
 ちょっとづつお金を出し合って、
ランドセルを買ってあげようよ!」

そして、郵便局の職員のみんなで、ちょっとづつお金を出し合い、
真っ赤なピカピカのランドセルを買うことにしました。

そしてそのランドセルを小包にいれ、
その郵便局の中で一番字の上手い人が代表して、
お父さんのメッセージを書いて、その子の家に送ったそうです。

「○○ちゃん、お手紙ありがとう。

お父さん、とってもうれしかったよ。

いつも頑張っているのを天国から見ているからね。

これからも、優しい人になってね。

そして、お母さんを助けてあげようね。

天国からいつも○○ちゃんのことを応援しているよ。

ちょっと遅くなったけど、ランドセル贈るね!!」

数日後、ランドセルとメッセージの入った小包が
女の子のところに届きます。

その女の子は飛び跳ねるように喜び、
お父さんからランドセルをもらったと、はしゃいでいたそうです。

そして、数年後この話を作文に書き、
全国のコンクールで入賞したそうです。

*****************************

幼い少女の母への思いやりが泣けます。

郵便局員さん達も素敵です。

どんな時も子供には夢を与える大人でありたいですね!

出典:kokoro堂

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週間ランキング
月間ランキング